美容情報

機内持ち込みで上手に液体を持って行く方法【コスメ】【スキンケア】

コスメ・スキンケアの機内持ち込み方法

国際線の飛行機では、液体の持ち込みに厳しいルールがあります。

液体は受諾手荷物に預けた方がいいのは分かっているのですが、安いLCCでは受諾手荷物の容量が無い場合が多いですよね。

りっぴ
りっぴ
せっかく安いチケットを買ったのに、受諾手荷物でお金を取られるなんて嫌だ!

という事で調べてみると、コスメやスキンケアを持ち込む裏技がいくつかありました。

今回は、機内持ち込み出来る容量内で全ての液体を上手に持ち込む方法をご紹介します。

機内持ち込み出来る液体容量【国際線】

画像引用:https://www.narita-airport.jp/jp/security/liquid/
  1. それぞれ100mLまたは100g以下の容器に入れる
  2. それら全ての容器を容量1ℓ以下の透明な再封可能なプラスチック袋に入れる
  3. プラスチック袋は、縦横の合計が40cm以内
  4. プラスチック袋は1人1つまで

※内容量が100mL以下でも、容器の容量が100mLを超える場合は機内持ち込みできません。

※容量が1ℓを超えるので、マチ付の袋は使用できません。

どんなプラスチック袋を持って行ったらよいか分からない方は、専用の袋を使うと安心ですよ。

created by Rinker
ゴーウェル (Gowell)
¥269
(2019/09/18 10:11:43時点 Amazon調べ-詳細)

ここで「1ℓも持ち込めるなら余裕だ~♪」と思った方はいませんか?私も思いました。

実際に透明の袋を買って分かったのですが、この袋に1ℓも入れるのは無理です。絶対に裏技が必要です。


【没収注意】液体に含まれるコスメ・スキンケア

コスメ
  • シャンプー・トリートメント
  • ボディーソープ
  • 歯磨き粉
  • コンタクトレンズ保存液
  • ハンドクリーム
  • ジェル状のリップ・グロス
  • リキッドファンデーション
  • リキッドアイライナー
  • マスカラ
  • マニキュア
  • アイブロウマスカラ
  • 日焼け止め
  • オイル
  • ヘアワックス

シャンプーや化粧水などが液体に含まれるのはもちろん、ハンドクリームやリキッドファンデーションなどのクリーム状のものも液体に含まれます。

特にマスカラ・アイライナー・アイブロウマスカラなどは、旅行に持って行く人も多いので没収されないように気を付けてくださいね。

液体に含まれるものの基本的な考え方は、容器に入れなくても形状をキープできるかだそうです。

今回ご紹介したものは一例です。パッキング中に分からなくなったら、形状キープが出来るか考えてみてください(^^)

【裏技】液体に含まれないコスメ・スキンケア

コスメ
  • ふき取りクレンジングシート
  • フェイスパックシート
  • コットンに染み込ませた化粧水
  • クッションファンデ(△)
  • 免税店で購入した液体(乗り換え時注意)

基本的には、液体がシートに含まれてしまえば持ち込めるようですね。

また、出国後に免税店で購入した液体は直行便の場合は持込可能です。

しかし、乗り換えがある場合は荷物を預けなおすため、容量オーバーなどで持ち込めなくなるので気を付けてください。

今回ご紹介したものは、ほとんどの人が液体に含まれずに機内に持ち込めたものです。

しかし、検査する国や人によって基準が変わってくるので、機内持ち込みをする際は自己責任でお願いします。

りっぴ
りっぴ
フランスでは機内にチョコレートの持ち込みが出来なかった人もいたようです。溶けたら液体になるかららしい…。ひぃ。

粉に代用できるコスメ・スキンケア

「液体で没収されるくらいなら、粉に代用して堂々と持ち込みたい!」という人にオススメです。

洗顔フォーム→洗顔パウダー

created by Rinker
suisai(スイサイ)
¥1,800
(2019/09/18 10:56:52時点 Amazon調べ-詳細)

リキッドファンデーション→パウダーファンデーション

created by Rinker
タイムシークレット
¥1,654
(2019/09/18 19:58:34時点 Amazon調べ-詳細)

ボディーソープ→石けん

created by Rinker
カウブランド
¥304
(2019/09/18 11:11:56時点 Amazon調べ-詳細)

【おまけ】実際に液体のパッキングをしてみた

今回、10日間のタイ旅行に行くので実際に液体パッキングをしてみました。

液体パッキングの為に購入したものはこちら↓(計400円)

液体パッキング購入品

ダイソーのトラベルポーチの中身はこんな感じ↓でした。

トラベルポーチ中身

このポーチ自体はサイズオーバーなので、液体持ち込み用には使えませんでした。残念。

実際に全ての液体を詰めるとこんな感じになりました↓

液体持ち込み

あとはこの隙間に、アイライナー(5g)・マスカラ(6g)・日焼け止め(80mL)を入れたら完成です。

袋いっぱいに入っていますが、合計容量は約550mLです。許容容量(1ℓ)の半分くらいですね。

りっぴ
りっぴ
こんな小さな袋に、1ℓも入らないよ!

LCCでも上手に液体を持ち込もう!

せっかく安いLCCを予約したのだから、受諾荷物を追加するなどして余分なお金を掛けたくないですよね。

繰り返しになりますが、機内持ち込みの液体容量だけで上手に旅行するポイントは次の4つです。

  1. 化粧水はパックで代用 or コットンに含ませる
  2. 粉に代用出来るものはする(例:パウダーファンデーション)
  3. シートに代用出来るものはする(例:クレンジングシート)
  4. 直行便の場合は免税店で購入する

節約出来るところは上手に節約して、楽しい旅行にしてくださいね♪

アイリスデイクリーム
WELEDA(ヴェレダ)のデイクリームで乾燥知らずなツヤ肌を作る「ツヤ肌は作りたいけどリキッドファンデは重いから苦手」という方必見! 大人気のオーガニックコスメWELEDAのデイクリーム、ものす...
髪にまとまりが欲しいならビューティラボのヘア乳液がオススメこんにちは、奮闘中の美容初心者りっぴー(rippybeauty)です( ^ω^ ) 「髪がパサついて広がってもう嫌ー!」という皆さん!...
ABOUT ME
りっぴ
りっぴ
自分至上最高を目指して奮闘する29歳。 外見も中身も満足したいので、自分磨き頑張っています🌷✨ 美しいだけじゃなくて芯のある女性になる! >> 詳しいプロフィール